雨の日の対策を考えてゴルフ練習をする

雨の日にスコアが悪くなってしまうと悩んでいる方は、雨の日を想定してゴルフの練習をするようにしましょう。

しかし実際に雨が降っていないのに雨の日を想定して練習をする事ができるのかと疑問を感じてしまいます。誰でも簡単に行う事ができる練習の方法はゴルフクラブの握る部分を濡らして素振りをしてみる事になります。雨の日はスイングが安定しなくなってしまい、スコアを下げてしまう事が多いです。スイングが安定しない原因は握る部分が滑ってしまうからになります。

自分で握る部分を濡らして素振りをする事によって、どうやったら滑らないで打つ事ができるのかを知る事ができます。この練習をするだけで雨の日のスコアがかなり変わってくるので行ってみると良いでしょう。握る部分を濡らして練習をした後は、しっかりとメンテナンスをするようにしましょう。濡れたままでゴルフクラブを片付けてしまうとカビの原因になってしまう事もあるので注意しましょう。