ゴルフのプリファードライについて

ゴルフを行なう上で難しい言葉が多く出てきます。

コースをプレイする中で、プリファードライという言葉が出てきます。訳すと好ましいライという意味で、ライはボールが静止している状態や位置の事なので、適正な条件にボールが置かれている状態にするという意味です。大雨などで、コースのコンディションが悪く、ボールが止まった位置がフェアウェイでもぬかるんでいるような悪い条件の場合にプリファードライを適用する事で、状況を改善する事が出来ます。

フェアなライの条件のもとで、プレーする事を前提としたゴルフ用語です。注意点としては、処置の仕方で、プリファードライという言葉の中にはボール自体の処置は含まれていないという事です。動かして良い範囲は含まれていないので、競技のローカルルールとして適用する時には、移動範囲の注釈が必要になります。処置の内容は、コースコンディションや協議委員の決定によって異なるので注意が必要です。

プリファードライという意味はしっかり理解しておくことが肝要です。