ゴルフのグリーン上でのマナーについて

ゴルフのマナーはいくつもありますが、そのホールの仕上げとなるグリーン上でのマナーも大事なポイントです。

グリーンの芝生は、パットをしやすくするため丁寧に整備、管理された、非常にデリケートなものといえます。余計な負荷をかけると簡単に傷んでしまいますし、少しの傷でも微妙にパッティングラインが変わってしまいます。
グリーンに上がったら、走ったり飛び跳ねたりしないこと、むやみに歩き回らないこと、そして絶対に足を引きずって歩かないように注意しましょう。

入ると思わなかったまさかのロングパットが決まったり、人生初のバーディーを取った時など、ついはしゃいで飛び跳ねてしまいがちなので要注意です。ボールをカップから拾い上げる時は、絶対に縁を踏まないように穴から靴ひとつ分を目安に離れて、腕を伸ばして拾いましょう。そしてカップはまたがず、1歩分うしろに下がってから離れると、カッコいいホールアウトといえます。

グリーン上でも気配りが大事です。