ゴルフを始める方必見!これだけは覚えておきたい服装マナーについて

ゴルフを始めてみようと考えている方は多いのではないでしょうか。

ゴルフは服装や行動など、他のスポーツに比べてマナーに厳しいスポーツといえます。

そこで今回は、これだけは覚えておきたい服装マナーについてご紹介したいと思います。

・服装のマナーについて

服装のマナーについては、ゴルフ場によってさまざまです。

特に格式の高いゴルフ場では厳格なルールが決められている事も少なくありません。

とはいえ、基本的なマナーを身に付けておけばそれほど心配になる必要はありません。

もし不安を感じるのであれば、ドレスコードをゴルフ場のHPで確認するか、もしくは直接電話などで問い合わせして確認する事をおすすめします。

・入場時の服装について

襟付きのシャツが基本でTシャツはNG、そしてスーツやジャケットなど上着を着用します。

なお、夏場など暑い時期に関しては持参もしくは無くても構わないゴルフ場もあります。

パンツの基本はスラックスやチノパンです。

間違ってもジーンズやジャージ、ハーフパンツでの入場は厳禁です。

そして靴に関しては革靴あるいはそれに近いものです。

スニーカーやサンダル、ミュールなどはNGです。又、ゴルフシューズも不可です。

なお、イメージ的にはビジネスカジュアルな感じを想定すればコーディネートしやすいかと思います。

・ラウンド時の服装について

ラウンドでは、トップスは襟付きのシャツやポロシャツです。

パンツはゴルフ用のロングパンツや動きやすいチノパンなどで、ジーンズや作業着などはNGです。

なお、女性はスカートスタイルは可能となっています。

男性の場合も、短パンやショートパンツも着用可能なところは多いのですが、その場合にはハイソックスが必要になります。

やはりゴルフ場は自然に囲まれているために茂みにや虫も多いですのでロングパンツがおすすめです。

なお、シャツの裾はパンツに入れる事が原則ですのでベルトも必要になります。

又、シューズはスパイクレスやソフトスパイクなどゴルフ用シューズを使用します。

そして冬の寒い時期などでは、カーディガンやダウンベスト、薄手のジャンパー、タートルネックやネッグウォーマーなど着用可能となっています。

この様に服装に関して、様々なルールがあります。恥をかかない為にも是非とも覚えておきたい基本になります。