ゴルフの18ホールの理由について

ゴルフは18ホールのコースで出来ています。

ゴルフはなぜ18ホールという半端な数字で行われる理由はゴルフが18ホールとなった起源には諸説あります。ゴルフ発祥の地といわれるスコットランドはウィスキーの本場としてもまた有名で、スコットランドのゴルフ場といえばいわゆるリンクスで、強い風が吹きさらし身体の芯まで冷えるほどの寒さです。ゴルフが誕生して間もない頃、スコットランドのゴルファーはズボンの後ろポケットにスコッチにはいったボトルを入れて、1ホール終えるごとにキャップ1杯を飲み干すことでこの寒さを凌ぎながらプレーを楽しんでいました。いつも18ホールを終えたところでちょうどスコッチのボトルが空になり、プレーも終えたというのが、いつしか決まりごとになったという説です。

その他にもストロークでゴルフが競われるようになるよりも前、ゴルフはマッチプレーで楽しむのが主流の頃ホール数はゴルフ場によってまちまちでした。ゴルフの聖地といわれるセントアンドリュース・オールドコースも最初は12ホールのコースとしてスタートしたそうです。やがて改造を重ねてホール数22となったセントアンドリュースですが、市民生活に支障をきたしているとの理由から市にコースの土地の一部を返還しなくてはならなくなりました。

結果的に4つのグリーンが無くなることとなり、18ホールのゴルフコースとなったというものです。